午前

ドクター紹介Doctor

院長挨拶

院長挨拶

こんにちは。タナカ歯科 院長の田中です。

当院は、1985年に名古屋市名東区にて開業いたしました。以来、地域に愛される歯科を目指して頑張ってまいりました。おかげさまで、お子さんからお年寄りまで、日々たくさんの方々にご来院いただいています。

「患者様が望む治療をする」がモットー

歯科医として、患者様に対して絶対言いたくないのは、「できません」という言葉です。
患者様の要望には可能な限り応えるべきであると考えています。やはり歯科医である以上、今の日本で行われている歯科治療すべてにしっかり対応できなければなりません。そこで掲げたのが、「患者様が望む治療をする」というモットー。これを実現するため、常に努力を続けています。

私は当院を開業後、各種講習会へ通い、あらためて歯科医としての基本的な技術を学び直しました。まずは一般的な歯科治療に関してレベルアップを図り、その上で、歯列矯正、インプラントなど、新しい技術を身に付けていきました。 

現在、当院はすべての治療に対応しています。ただ、一定の技術レベルを超える場合はこの限りではありません。歯列矯正にせよ、インプラントにせよ、外科の領域になるケースがあります。その場合は他の病院を紹介しています。地域医療の一翼を担う立場としては、特定分野を極めることを目指すのでなく、すべての分野において一定水準以上の技術を持つことが大切だと考えています。

深くつながっている歯と心の健康

私が今もっとも重視しているのは、歯と心の関係です。
人生にはさまざまな節目がありますが、それぞれの局面において環境・生活の変化は避けられません。環境や生活が変わると、心のありようも変わりますよね。そうしたことがストレスとなり、歯に影響を及ぼすのです。これまで多くの患者様を診てきましたが、歯がいかに心と強く結びついているかを常々実感しています。

以前、ある患者様が歯に痛みがあるとのことで来院されました。話をする中で、その患者様が家庭の事情で非常に強いストレスを抱えていることもわかりました。ストレスを抱えることで生活習慣が乱れ、口腔内の健康が損なわれることがあります。その方には、歯に関する助言だけでなく、睡眠を十分にとることなど、メンタル面についてのアドバイスもしました。

歯の痛みの原因を、歯そのものに求めることは間違いではありません。でも、そこで診断を終わらせてしまうのではなく、もっと深いところにある原因を見つけることも大切です。特に生活習慣は非常に重要なポイントと言えるでしょう。時間的な制約はありますが、当院では他の先生と連携しながら、できる限りカウンセリングにも力を入れるよう心掛けています。

歯の健康は全身の健康にも影響

歯の健康は心だけでなく、体全体とも深く関わっています。
健康を維持する上で大切なことは、食べる、動く、寝る、そして忘れる。この4つが基本です。その中で、食べるという行為は、いわば体内運動。走ったり歩いたりすることは体外の運動で、普段からこうした運動をしないと体の筋肉は衰えます。食べることも同様。アゴを動かすことも、飲み込むことも、すべて体内の筋肉の運動です。こうして全身の筋肉を動かすことで健康は保たれるのです。

社会の高齢化が進む中で増えているのが誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)。食べ物が誤って気管を通って肺に入り、炎症を起こす病気です。これにも歯の健康が大きく関わっています。誤嚥性肺炎は飲み込む力が低下することによって引き起こされます。飲み込む力を維持するには、まず毎食きちんと食べることが大切。そのためにも歯のメンテナンスは欠かせません。

ほかにも、心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病も、歯周病菌と深く関係があることが明らかになってきています。歯・口腔内の環境と全身の健康の関わりは、今後ますます明らかになってくるでしょう。当院では、この点に関しても、さらに追求していきたいと考えています。

新しい治療法を積極的に導入

歯科医療の技術は年々進化を遂げています。
新しい理論、器具が次々に登場するスピードは、まさに日進月歩。当院では、新しい治療法を積極的に導入し、患者様に提供しています。ただ、開発から間もない技術を急いで取り入れることはしていません。その有効性、安全性をしっかり見極めた上で導入するようにしています。

以前、アメリカで根管治療の技術を身につけた先生が、1年間だけ当院に勤めていたことがあります。アメリカは日本よりも歯科技術が発達した国。年下の先生でしたが、その人からアメリカで行われている最新の治療法を学んだことで、根管治療に対する考え方が大きく変わり、自分の技術は飛躍的に高まりました。実際、若い先生たちから影響を受けることは少なくないのです。

長くキャリアを積んだ歯科医の中には、過去の経験に頼って治療をしてい方も少なくありません。しかし、言うまでもなくキャリアだけでは技術の向上は望めません。新しい技術をどんどん取り入れ、自分を高めていく必要があります。「新たな道へ進むか?」「無難に過ごすか?」 どちらを選択するかと問われれば、私は迷わず前者を選ぶでしょう。今後も、積極的に新しい技術を吸収する意欲を持ち続けたいと思っています。

コミュニケーションを重視

当院では、患者様とのコミュニケーションを大切にしています。
心や体の健康までトータルにサポートする上で、患者様とじっくり向き合うことは必要不可欠。しっかり話をしなければ治療は進められません。

ただ、その前提として、歯科医自身が健康で元気であることが欠かせません。そのために、私はオフの時間も大切にしています。仕事以外の時間で心身ともにリフレッシュし、視野を広げ、また新たな気持ちで患者様と接します。オフを充実させることで、患者様とのコミュニケーションの幅が広がり、より良い治療に繋がっていくと考えています。

患者様が望む治療をする」ことを柱に、「歯と心の健康」そして「歯と全身の健康」を追求しながら、これからも引き続き地域に愛される歯科を目指していきたいと思っています。

院長プロフィール

1981年 愛知学院大学歯学部卒
1981~1985年 名古屋栄三越歯科勤務
1985年 タナカ歯科開院
1986~1987年 JAPANESE POSTGRADUATE DENTAL ASSOCIATION
(入れ歯、クラウン、ブリッジ の研修協会主催講習会)修了
1987~1988年 MODERN EDGEWISE TECHNIQUE
(矯正モダンエッジワイズ法)修了
1991年 MODERN EDGEWISE TECHNIQUE ADVANSE COURSE
(矯正モダンエッジワイズ法高等科)修了
1995年 ITIインプラントベーシックコース
2001年 医療法人 タナカ歯科設立
2005年 TOOTH WHITENING SEMINER
(歯牙漂白のセミナー)修了
2006年 厚生労働省指定 臨床研修施設指導歯科医認定了
2007年 SENDAX MDI修了
ミニインプラント研修セミナー
2008年 ITIハーバードコース2008修了
Harvard Denatal Implant Course
2010年 ニューヨーク大学サティフィケートコース2010 修了
NYU continuing Dental education Program
2013年 2013年度第16期Dr.Khayatインプラント・外科研修会修了
2014年 スイスチューリッヒ大学・インプラントアドバンスコース2014
Advanced Courase in Implant Dentistry University of Zurich
院長プロフィール 院長プロフィール 院長プロフィール
院長プロフィール 院長プロフィール 院長プロフィール 院長プロフィール

ドクター紹介

副院長 黒﨑 梨惠子

副院長 黒﨑 梨惠子

医局長 杉浦 清彦

医局長 杉浦 清彦

丸山 久

丸山 久

小川 健一

小川 健一

三宅 永莉子

三宅 永莉子

今井 あゆみ

今井 あゆみ

  • 田中孝宜の想い
  • 田中孝宜の世界
  • 採用情報
  • ホームページ