午前

口と全身の関係Systemic Disease

私の母は85歳という年齢で人生の幕を閉じました。なんで亡くなってしまったか、ある日突然の出来事でした。

前日元気であった母がどうして?第一発見者の兄もびっくり仰天、いわゆるぽっくり病というやつです。当然不信死ではいけないので内科の先生に死因を判断してもらったところ「心不全」という診断、今の日本ではこれを睡眠時無呼吸症候群と診断するまでの認知がされていないのか無難な診断で納得はしたものの、残念で50をこえてはずかしながら大泣きしてしまいました。

どうして睡眠時無呼吸症候群というかというと

  • 1.最近運動不足で、かなり肥満気味の状態
  • 2.亡くなった時の状態が苦しんだ乱れが一切ないこと
  • 3.口を半開きで仰向きで眠っている状態そのものであること

ともあれ、私もそうですが亡くなる直前まで健康で突然息を引き取ることはある意味理想的ですばらしいことです、ぼくもいずれ見習って同じように息を引き取りたいものだと思います。

しかし、睡眠時無呼吸症候群が低年齢化していて昼の居眠りによる事故とかの例が多発するようになってきているとのこと、ひどいいびきの場合はきちっとした医療機関に見ていただくことをすすめます。

  • 田中孝宜の想い
  • 田中孝宜の世界
  • 採用情報
  • ホームページ