午前

審美歯科Dental Esthetic

コンセプト

歯とこころを大切にするタナカ歯科で、矯正歯科、インプラント、審美歯科修復、ホワイトニングという現在考えられるすべての審美歯科テクニックを駆使して素敵なスマイルラインを演出するシステムを導入し、あなたのこころが表れる素敵な口もとを美しく表現します。

歯とこころを大切にするタナカ歯科の審美歯科システムは、心と体の健康の源は素敵なスマイルに象徴されると言うコンセプトに基づき、

  • 奥歯で健全に噛むことができ、
  • 笑った時にふと見える健全な唇と歯で構成されるスマイルライン
  • 安全且つ効果の高いシステムの導入
  • できる限りの低コスト

メニュー

大きく分けて歯を削る場合、削らない場合、歯に貼り付ける方法、歯にかぶせる方法とあります。

歯に貼り付けるやり方

◎ラミネートベニアテクニック

ラミネートベニアとは色や形に異常のある前歯の表面を0.5mmほど削り、そこに非常に薄いセラミックのシェルを接着し美しくする方法です。歯を削る量が少なくてすみますが、削り方、シェルの作成、接着に非常に高度な技術が必要です。ラミネートベニアは基本的に上顎の前歯のみに適用されます。

before
ラミネートベニアテクニック ラミネートベニアテクニック
after
before
ラミネートベニアテクニック ラミネートベニアテクニック
after

◎ダイレクトボンディング

チェアサイドで正中離解、破折歯、矮小歯、スキッパなどを即改善。サブミクロンの複合フィラー含有のベラフォルテ コンポジットは透明度が高く、研磨ができ、強度、対咬耗性があり前歯の審美性と臼歯の機能性ともに回復できます。極小の形成と短時間の治療は今後の潮流としてポーセレンと共に第二の選択肢として必須です。

歯にかぶせるやり方

◎オールセラミッククラウン

歯冠全体を被覆するクラウンの材質がセラミックによるものをいう、メタルフリー(金属を全く使わない)のため既存のかぶせる治療の中では最も審美性に優れた装置である。

before
オールセラミッククラウン オールセラミッククラウン
after
before
オールセラミッククラウン オールセラミッククラウン
after
before
オールセラミッククラウン オールセラミッククラウン
after
before
オールセラミッククラウン オールセラミッククラウン
after
before
オールセラミッククラウン オールセラミッククラウン
after
before
オールセラミッククラウン オールセラミッククラウン
after
before
オールセラミッククラウン オールセラミッククラウン
after

◎メタルボンドクラウン

メタルフレームの上に陶材(以下セラミックと呼ぶ)を焼き付けた装置で正式には陶材焼付鋳造冠というフレームに強度及び適合性に優れた金属を用いることにより、破折に対する抵抗性を確保するとともに、セラミックの持つ審美性を生かすため前歯及び奥歯に広く用いられる。

【金属の種類】

メタルフレーム ゴールド系白金加金 シルバー色のプレシャス系白金加金
メタルコア ゴールドと金銀パラジウム合金があります

◎ゴールドクラウン、いわゆる金冠

高い機械的強度を有し、形態再現性に優れ、しかも適度に磨耗するため、主に奥歯に使います。

◎ハイブリッドクラウン

硬質のプラスチックにセラミックを配合した素材です。セラミッククラウンよりも安価ではありますが、強度や見た目は優れており、遜色はありません。多少時間と共に変色があるため大臼歯(奥歯)を中心に用いられます。

歯に詰めるやり方

◎セラミックインレー

セラミックインレーは金属の詰め物の代りにセラミックでできた詰め物を接着します。金属の詰めものと違い、歯の色を再現できますので、治療の跡が残りません。また、セラミックは体に優しい材料ですので、金属のイオンが溶け出して歯が着色したり、アレルギーの原因となる事もありません。審美的には最高の材質です。

◎ハイブリッドセラミックインレー

ハイブリッドセラミックインレーとは、セラミック(焼き物)の粒子とレジン(プラスチック)を混ぜたもので作られたインレー(詰め物)です。見た目が良くセラミックインレーよりも割れにくいですが、時間が経つと多少変色するという欠点があります。

奥歯に虫歯ができてしまうと基本的には金属を詰めますがハイブリッドセラミックを利用することにより、ムシ歯の治療後も、その痕が残らず、自然な歯の状態を取り戻すことができます。さらに、金属とは異なり、アレルギーなどの心配がありません。さらにセラミックの最大の欠点として、硬すぎるために壊れやすいということがありましたが、このセラミックの欠点である壊れやすさを改善した材料が、ハイブリッド・セラミックです。

◎ゴールドインレー

金は化学的に安定で腐食されにくく最良の材質とされているが、純金(24K)のままでは柔らかすぎるので、合金として用いられます、当院では18Kの歯科専用の合金を使用しております。
時代の流れからすればあまり歓迎されないかもしれませんが、生体親和性、適当な硬さ等他の材質にないすばらしい性質もあります。

歯を削らない場合

◎歯のエステ(PMTC Professional Mechanical Tooth Cleaning)

専用の機械、クリーニングジェルを用いてすみずみまできれいにします。
【メニュー】
上下前歯12本のスマイルクリーニング(フッ素コート含む) 約15~20分
お口全体のハートスマイルクリーニング(フッ素コート含む) 約30~40分
口臭、虫歯、歯周病予防のための1時間コース

◎歯ぐきのホワイトニング(ガムピーリングGum peeling)

歯肉(歯ぐき)の着色、黒ずみを健康なピンク色に戻します。歯茎(歯ぐき)が黒くなる原因は、歯茎の中のメラニン色素や金属を使った差し歯が原因によるものに分かれます。

◎メラニン色素の場合

メラニン色素は生まれつきのものとタバコなどの化学物質が原因となって現れます。メラニンのある細胞を取り除くことで解決することが可能です。審美歯科で行われている方法は3種類あり、薬剤を使用する方法、削り取る方法、レーザーで焼く方法があります。当クリニックでは薬剤によるメラニンの除去をおこなっています。

この治療法は痛みもなく、即日で終了するため負担も少ないです。治療後は3日程度でメラニンが綺麗に剥がれます。約1週間すると内側の歯茎が現れスッキリとピンクになるためコンプレックスもなくなるでしょう。

◎差し歯などの金属による黒い歯茎

歯の治療で金属をいれた場合、電気が流れ金属が溶け出します。溶け出す量には個人差はあるのですが、金属の量や種類により歯茎に着色を生じます。溶け出した金属は歯の内部に染み出し、やがて歯茎にも黒くなって現れます。

金属を多用した治療は金属アレルギーの原因ともなります。アレルギーの反応にはニキビ、肌荒れ、皮膚のかぶれ、口角炎、唇や口腔内の潰瘍などが現れるため注意が必要です。対策として高カラットの貴金属や金属を使用しないノンメタル治療をお勧めします。

歯科では多くの金属を使用しますが、最も新しい方法では金属アレルギーのないグラスファイバーの土台やオールセラミックの差し歯などがあります。これらの素材は審美性にも極めて優れている素材です。

◎ホワイトニングとは(歯の脱色=ブリーチング)

歯のホワイトニングという言葉を耳にすると思います。アメリカでは1800年代後半より行なわれている方法ですが、日本では最近になってホワイトニングの機材などが厚生労働省で認可され、普及し始めています。ホワイトニングは審美歯科の一部で、歯を削らずに歯を白くする方法や貼り付ける方法などがあります。最近普及しているホワイトニングは歯を削らずに行なうホワイトニングです。

歯の色は元々真っ白ではなくわずかに黄ばんだ色をしています。人によっては変色していることもあります。それをより白くする方法です。

before
ホワイトニングとは ホワイトニングとは
after

咬みやすい入れ歯

◎ノンクラスプデンチャー

丈夫で体に優しく、心地良い装着感の入れ歯です。
【特徴】

  • 無味、無臭 従来の入れ歯の半分の重さ
  • 食片がつまりにくい
  • アレルギー反応がなく、破折の心配なし 金属のバネを使用しないので入れ歯だと気づかれにくい
  • 「スーパーポリミアミド」という素材により、薄さを実現
今までの入れ歯
ノンクラスプデンチャー ノンクラスプデンチャー
弾性義歯
金属バネを使用しない入れ歯「弾性義歯(ノンクラスプデンチャー)」
  • 無味・無臭 アレルギー反応もありません。生体にやさしい。
  • 従来の入れ歯の1/2の重さ。異物感が少ない。
  • 「スーパーポリミアド」という素材により薄さを実感。食片がつまりにくい。
  • 丈夫な素材なので破折の心配はありません。

入れ歯の比較

長所 短所
アクリルレジン床義歯
アクリルレジン床義歯
○一般的で用意に出来る
○増歯・修理(リベース等が簡便に出来る
○吸水性があり汚れ・臭いがついきやすい
○割れやすい
○床が厚い
金属床義歯
金属床義歯
○薄くできるので違和感が少なく、強度もある
○熱伝導性がよいので「熱い」・「冷たい」がわかりやすい
○増歯などが困難な場合がある
○修理等に時間がかかる
ノンスクラブ義歯
ノンスクラブ義歯
○審美性がいい(金属バネがないので見た目が義歯とわかりにくい)
○軽く・薄く強度があり違和感が少ない
○弾性のある材質なので表面にこまかなキズがつきやすい
○経年変化で脱色する場合もある
属床+ノンスクラブ義歯
属床+ノンスクラブ義歯
○審美性に機能性をプラスできる
○ノンスクラブ義歯のみより薄く出来る
○弾性のある材質なので表面にこまかなキズがつきやすい
○経年変化で脱色する場合もある
  • 田中孝宜の想い
  • 田中孝宜の世界
  • 採用情報
  • ホームページ