午前

人はどのようにして美しくなれるのか

2008.03.01

200706

人の美しさには内面からの美しさと外見の美しさのどちらも重要で、相互関係にあると言えます。人が美しくなる理由にはいろいろありますが、まず、口元の美しさを考えてみましょう。

例えば、前歯を治したり、健全な歯ぐきになって出血口臭がなくなったりすると、歯を見せて思いきり笑える素敵な笑顔になり、積極的な会話ができるようになるでしょう。
今の技術なら自然な歯の白さ、身体に優しい上質なセラミックを使うことが可能。
自然で美しいスマイルラインが現れます。

外面を美しくすると、表情が変わるのはもちろん、おしゃれも楽しくなり、自分に自信が持て、内面の美しさにも磨きがかかってくるはず。

内面が磨かれると、さらに外見も輝いてきます。
“内面から湧き出る見た目の美しさ”です。
こうして内面と外面の美しさの良い循環が生まれ、その人自身が魅力的になっていくのです。

ある70代の患者さんは”かわいいおばあちゃんになりたい”という理由でかみ合わせの治療を行っています。
良く噛んで良く食べられる歯は健康へも導きます。

笑顔のポイントになる白い歯、きれいな歯並びは人の印象を変えます。
口元の美しさが、外見も内面も美しい魅力的な人へ変わるチャンスを与えてくれるはずです。

カテゴリー:医療コラム

  • 田中孝宜の想い
  • 田中孝宜の世界
  • 採用情報
  • ホームページ