午前

ハーバード大学の講義でインプラント最新情報・最新技術を修得!

2008.06.01

200706

先日、アメリカのハーバード大学歯学部に行き、インプラント科教授による直接の指導を受け、尚且つ私自身も今まで経験を生かした発表を行い、非常に有意義な時間を過ごすことができました。
ポイントは2点です。

まず、今までのインプラントは技術的には進歩していましたが、歯の美しさ、つまり審美面からいうとまだまだのところがありました。ところが、最近は形と仕上がりを良くすることができ、見た目にもきれいなインプラント技術が向上してきています。
特に前歯の美しさを保つことができ、患者様の笑顔を取り戻すことができるようになったようです。

もう1点は、短期間で全ての歯のインプラント施術を受けると、身体に影響を与えるのではないかと言われてきたことが、1日、2日の施術でも問題ないことが実証されたことです。
以前は、1年以上かけて全ての歯をインプラントに代えていましたが、個人の差はあるものの、数日という短期間での施術が可能になったのです。

ハーバード大学での研修は、私に、あらゆる分野で言われる「State of the art」(最高の科学技術水準)をインプラントの分野でも叶うことができたと感じさせてくれました。
本院ではこうした最高技術を取り入れ、大勢の幸せな生活のお手伝いをしたいと考えています。

カテゴリー:医療コラム

  • 田中孝宜の想い
  • 田中孝宜の世界
  • 採用情報
  • ホームページ