午前

ゆったりと流れる時間の中で健康になろう!

2008.07.01

200706

休日に息子とテニスをしました。一時間のプレーでしたが、時間が非常にゆっくりと流れ、「時の流れ」を意識として感じることができました。

思えば、子どもの頃は学校の勉強、遊びに夢中で忙しかったにもかかわらず、今よりも時間はゆっくり流れていたよう;に感じます。ミヒャエル・エンデ作の童話「モモ」では、「時は金なり、節約せよ」と時間泥棒達をモモが退治します。作者は時間について深い洞察を込め、子ども達、私たちに時間とは何かを教えてくれています。

時間に追われて生活している私たちは本当に幸せでしょうか。時間を有意義に使ってこそ心と身体に活力を与え、健康に、そして、質の高い生活を送ることができるのではないでしょうか。

会話を楽しみながらゆっくりと食事を楽しむ、たまには無駄な時間(本当はそういう時間こそが大切)を過ごしてみる。しっかり食べて笑える時間を作ることで、健康に、幸せになっていくのです。

忙しい毎日でも、ほんの少し「ゆとり」を持ってみませんか。その時間を使って自分の体、健康を考えましょう。お口のチェックもその考えの一部に加えてみて下さい。おいしいものを食べられる歯、笑顔の似合う口元で、幸せになりましょう。

 

カテゴリー:医療コラム

  • 田中孝宜の想い
  • 田中孝宜の世界
  • 採用情報
  • ホームページ