午前

「健康になること」この意識で老後の生活が楽しくなります!

2009.12.01

200706

6月の写真展を終え、その後に走ることを始めました。学生時代に陸上で5000mを走っていたこともあるので始めたのですが、目標はマラソン大会に出て「完走」すること。
今では35~38kmほど走れるようになりました。

マラソンを始めてみると、「食べる」「飲む」「寝る」の質が高くなったことが分かりました。
以前は、これとこれを食べないといけないとか、明日の為に早く寝ようとか、生活に少し義務的なところがありました。

しかし、今では食事が極めておいしく感じられ、深く眠り、爽快に目覚められるようになりました。体が勝手に規則正しく食べよう、寝ようとしているのです。

体を動かすことがこれほどまで、健康的な生活を与えてくれるとは思いませんでした。習慣化してくると、その日の自分の体調も分かってくるものですね。

老後のことを考えると、これからどのように過ごしていけば良いか、自ずと答えが出てきます。
健康でいたいと思うなら今から健康を意識すること。健康は向こうからやってくるものではありません。
自分から行動を起こさなければ、きっと悔いの残る人生を送ることになるでしょう。

カテゴリー:医療コラム

  • 田中孝宜の想い
  • 田中孝宜の世界
  • 採用情報
  • ホームページ