午前

歯に良い環境をつくることで、歯の健康を守りましょう

2010.09.01

200706

今年は例年以上に猛暑日が多いと感じますが、
毎年、同じことを考えているような気がします。
私の子供の頃は「猛暑」といってもせいぜい32度前後でした。

ところが、近年は35度以上になる日が当たり前です。
気温が高くなったことで、熱中症患者さんが増えたり、
集中豪雨による事故で死傷者が増えたりするなど、
ずいぶんと日本の環境も変化してきました。

私たちの体も環境によって変化しています。
例えば、最近はあごが小さくなっていることや、歯周病の低年齢化が目立ちます。
この背景には食生活の変化が一つ考えられるのではないでしょうか。

低たんぱくで高カロリーの柔らかい食材、砂糖の多いお菓子などが増えています。
メタボリックシンドロームや生活習慣病の低年齢化に伴い、歯にも影響が及んでいるようです。

地球環境は異変に気がつきはじめ、みんなが努力を始めました。
最も身近な自分の身の変化はどうでしょうか。
昔の生活に戻す、とは言いませんが、昔ながらの食生活を忘れないことは歯の健康はもちろん、
体全体の健康にもつながります。
虫歯になりやすい人、歯周病になりやすい人、歯並びが気になる人、歯にもいろいろなタイプがあります。
まず、歯の健康のためにどんなことをすれば良いか、チェックしてみませんか。

カテゴリー:医療コラム

  • 田中孝宜の想い
  • 田中孝宜の世界
  • 採用情報
  • ホームページ