午前

一般歯科

2014.07.01

むし歯治療

虫歯

むし歯は、発見が早い方が完治できる可能性が高まります。発見が遅れると、歯を抜かなくてはならなくなります。また、悪化すると敗血症を併発して死亡すること場合があります。むし歯1本だからと言って侮ってはいけません。1番良いのはむし歯にならないよう、毎日しっかりと歯磨きをすることです。また、少しでも痛みがある時は、必ず歯医者に診てもらいましょう。

 

知覚過敏

知覚過敏

知覚過敏は、冷たいものや酸っぱいものを食べると歯がしみるなどの症状が現れます。乱暴な歯磨きにより歯茎を傷つけたり、歯が緩んだりすることによって、歯の根元にある神経が露出することが主な原因です。歯磨きが原因の場合は日々の歯磨きを気を付けることによって、歯がぐらついている場合はぐらつきの原因を治療することによって、知覚過敏は治癒します。

 

歯周病

歯周病

歯肉(歯茎)や歯槽骨に起きる病変のことを歯周病です。初期症状では痛みがないので、発見が遅れることが多いのが特徴です。進行すると痛みとともに、歯茎が腫れる、口臭がひどくなる、歯がぐらつくなどの症状が現われ、やがて歯が抜け落ちます。むし歯と同じく、毎日の歯磨きで十分予防できる病気です。痛みがないので、メンテナンスのために定期的に歯医者へ通うことをお勧めします。

 

歯ぎしり

歯ぎしり

睡眠中、無意識のうちに歯ぎしりをしている場合は要注意です。歯ぎしりが続くと、歯がすり減る、歯が痛い、歯がぐらつく、顎が疲れている、顎がこわばるなどの症状が現れます。非常に強い力で、長時間歯をかみしめたり食いしばるので、歯や顎に大きな負担がかかってしまいます。精神的なストレスが原因であることが多いので、日々の生活の見直しから始めることが大切です。マウスピースによる治療法もございます。

 

カテゴリー:こんなことでお困りの方へ / むし歯 / こんなことでお困りの方へ / 歯周病 / こんなことでお困りの方へ / 知覚過敏

  • 田中孝宜の想い
  • 田中孝宜の世界
  • 採用情報
  • ホームページ