午前

タバコは毒薬

2014.08.11

がんとタバコの関係

「百害あっても一利なし」とはよく言ったもので、たばこの有害作用については誰も否定することはできないという、今は喫煙は病気と認定されがんその他の病気に深く関わっていることが認知されてきました。

まずはこの表を

非喫煙者と比較した喫煙者の死亡率(男)

p13

 

タバコの全身への影響

寿命 1本吸うと、寿命が5分30秒短くなる。
妊娠関連 妊娠中の喫煙は障害児の原因となりうる。早産、出生率低下の原因ともなりうる。乳幼児突然死症候群にも関与。
ビタミン破壊 喫煙すると多くのビタミンを破壊してしまう。
わずか2本のタバコで1日に必要なビタミンが失われてしまう。
がんについて がんで死亡した人のうち、30%は喫煙が原因だった。
若死 喫煙者は非喫煙者に比べて、若死の危険性が70%も高い。
全体的な病気の影響 全体的に病気にかかる危険性は、タバコを吸う人の方が2倍高い。
タバコの成分 タバコの煙には約4000種類もの化学物質が含まれ、現在有害物質と確認されているものが約200種類、発がん物質は約40種類もある。
他人への影響 夫が1日20本以上吸う場合、非喫煙者の妻の肺がん発生率は2倍となる。同質の人が1日50本吸うと、非喫煙者も10年で心筋梗塞、挟心症の発生率が9倍以上に。
一酸化炭素中毒 一服するたびに、人は軽い一酸化中毒を起こしている。

タバコと歯周病

p14
タバコを吸う人特有の顔つきを「スモーカーズフェイス」といいます。
年齢に比較し、

  • しわが多い。
  • しみや吹き出物などの肌のトラブルが多い。
  • 唇や歯肉が不健康に黒ずみがある。
  • 歯の表面へのヤニの着色が目立つ。

1本のタバコを吸うと、ビタミンCの1日の必要量の約半分が使われてしまいます。どんなに配慮した食事や果物摂取をしても、皮膚細胞の老化に追いつきません。
喫煙は、美肌や健康的な歯肉の色の大敵です。

p15

右スライドはたばこを長年吸い続け重度歯周病になってしまった例です。

歯石の沈着がみられ、歯肉が繊維化を起こしています。
出血しにくいため、気づいた時には手遅れとなってしまっている方も多くいます。
タバコを吸い続けると歯周病の治療をしてもなかなか回復しません。

 

院長からのアドバイス

私も20歳から35歳までヘビースモーカーで一日30~40本はセブンスターを愛するように吸っていました。

自分でも愛煙家を自認して将来止めることはできないだろうと思っていました、でもそれは健康ということが保障されてのことです。35歳で初めて人間ドックを受け緑内障の疑いを宣告され、ショックでした。

何か良いことをしなければ、良い習慣をつけなければと思い、きっぱり止めました。
7年間ほどは夢で吸っていたり、吸いたくなることもありましたが今は止めてよかったと思います。

私ほどの愛煙家が止めたのですから誰でも止めることができます、必ずね。

カテゴリー:こんなことでお困りの方へ / タバコを吸われる方へ

  • 田中孝宜の想い
  • 田中孝宜の世界
  • 採用情報
  • ホームページ