午前

予想外を予測する。最先端歯科医療は選択肢のひとつ、基礎と人の力に基づく幅広い視野を。

2016.03.01

情報化と技術の進化で予測可能領域が拡大。

毎朝のジョギングや車の運転など、私たちの日々には、「いつもの作業」や「通い馴れた道」が存在します。でも馴れていると思うのは勝手な思い込みに過ぎず、現実には、その日の体調や突然の飛び出しなど、予測できないハプニングが発生します。

歯科医療も、CTや検査機器の発達によって、正確な観察や予測ができるようになりました。しかし、先にわかる情報が増えれば増えるほど、私たちは「わかったつもり」になって、慢心してしまうことがあるのです。



最後のカギは人間。不測の事態を予測する幅広い視野を。

どんなに技術や情報化が進んでも、最後の判断とさじ加減は人間次第。情報や機械では見通せない「万一」の事態で判断を下すのは、人なのです。インプラント治療も、今では気軽に受けることができるようになりましたが、あくまでも一つの選択肢。日本の歯科医療には優れた保険診療が基礎にあります。どんな治療がよいかを見極め、患者さんは何を望んでいるのか話し合い、最善の選択をする。そのうえであらゆる可能性を視野に入れ、これでよいのか、この先どうなるのかをつねに予測しながら治療にあたっています。

 

クリックすると拡大します。

↓     ↓     ↓

2016-03-01_131119

カテゴリー:医療コラム

  • 田中孝宜の想い
  • 田中孝宜の世界
  • 採用情報
  • ホームページ