午前

自分がケガをすることで 健康であることのありがたさを実感!

2017.07.01

一瞬の油断が大きなできごとに・・・。まさか、と思っていた事態が自分の身に降りかかりました。

実は、2月にマラソンのトレーニングをしていたところ、凍結している路面で足を滑らせ、転倒して上腕骨頭を骨折していたのです。まさか、後ろに転倒するとは思わず、まともに背中を路面に打ち付けてしまったのです。全治3ヶ月、2ヶ月間は腕も上がらず、仕事はおろか、自分の生活もままならない状態が続きました。ただ、デメリットだけでなく、診療現場を離れざるを得なくなったことで、健康のこと、仕事のことを客観的に見直すことができました。

年齢を重ねると、骨、歯、筋肉など体の組織が硬くなってきます。硬くなることで少しの衝撃でも折れやすく、もろくなってケガをしやすくなるのです。無理をせず、自分の年齢や体の状態をきちんと把握しておかなければいけません。

事が起きてからでは手遅れ、ということもあります。歯もいつの間にか病気が進行していた、ということもあります。予防歯科の大切さをこれからもお伝えしていこうと思います。

現在はほぼ完治しており、再び治療に携わっています。そして、秋のマラソン大会に向けてトレーニングも始めています。仕事をするためにも、走るためにも、体も心も頭も健康でなければいけません。反対に、仕事や趣味のおかげで、健康が維持されていることも実感しています。

クリックすると拡大します。

↓   ↓   ↓

タナカ歯科様_NC1707 2_B

カテゴリー:医療コラム

  • 田中孝宜の想い
  • 田中孝宜の世界
  • 採用情報
  • ホームページ