午前

体に優しいホワイトニングで、今までの悩みを解消することができます。

2017.12.01

最近、テレビに映る芸能人を見ると、歯の白さやきれいさも身だしなみの重要な要素になっていることが分かります。一般の方にもその考えが広がっており、当院では11月から新しいホワイトニング「分割ポリリン酸ホワイトニング」を導入しました。

このホワイトニングは従来のものより低刺激で、体にあまり影響を与えないものと言われています。従来のホワイトニングは過酸化水素が主成分のものが多く、漂白作用によって歯を白くしていました。原理は髪の脱色と同じなので、歯の滲みや痛みを感じてしまうこともありました。

分割ポリリン酸はバクテリアからほ乳類まで、あらゆる生物の体内に存在しています。科学的な説明をすると、分割ポリリン酸は繊維芽細胞増殖因子(FGF)を安定化させるなど、さまざまな作用のあることが近年、研究によって分かってきました。

分割ポリリン酸を歯に塗布することにより、ステインの除去効果、沈着防止効果、さらには、歯周病菌やむし歯原因菌に対する抗菌作用ももちあわせます。歯をきれいにするだけでなく、口腔内の環境を整える物質としても注目されているのです。低価格で行えることも魅力的です。

そのため、「とにかく歯を白くしたい」「低コストで白くしたい」「知覚過敏なので、刺激なく白くしたい」など多様な悩みにも対応できるようになりました。この年末に歯も気持ちも一新して、新しい自分で新年を迎えてみませんか。

クリックすると拡大します。

↓   ↓   ↓

NC1712-03

カテゴリー:医療コラム

  • 田中孝宜の想い
  • 田中孝宜の世界
  • 採用情報
  • ホームページ