医療コラム・キャンペーン

2018.10.29更新

エアコン疲れが歯にでる!?意外なお口のトラブル。

 

  今年の夏は猛暑でした。残暑も厳しく、まだまだ注意が必要です。そんな今夏、患者さんに増えている症状があります。それは歯のくいしばり。寝ている間や作業中などに無意識で上下の歯をくいしばってしまう現象です。くいしばりは、顎関節症やアゴのずれ、知覚過敏、頭痛・肩こり、昼間の眠気、お口まわりの痛みなどにも関係しているといわれますが、自分では気づきにくいのが特徴です。ストレス社会とも関係して、年々増えているように感じます。

 

 

筋肉の緊張がお口の緊張に。気になる方、歯のチェックを。

 

患者さんに話を聞くと、冷房の効いた部屋で寝ている人が多いようです。熱中症予防のため適切な温度管理は大切ですが、冷やし過ぎには注意したいもの。なぜなら睡眠中の人の体は昼間より敏感です。筋肉が寒さを感じ過緊張になると、その反応としてくいしばりを生じさせるのではないでしょうか。やはり自然の涼しさとは違うのですね。よい眠りと健康な歯で、健やかに秋を過ごしましょう。

 

 

クリックすると拡大します。

↓  ↓  ↓

 

ポトス9月号

投稿者: タナカ歯科

2018.10.29更新

夏の猛暑から涼しい秋に移り変わり、ふと最近、感じたことがあります。当院では一般歯科から審美に至るまで多くのメニューを取り扱っていますが、開院当時の33年前から比べると、本当に技術や素材が進歩したと感じています。
 健康の歯をお持ちの方は、さらに健康な歯を保ち、QOLを高めることができるほか、ホワイトニング、セラミック矯正などのように、よりきれいな歯にすることができるようになりました。
 矯正技術もセラミックを使用して透明で目立ちにくいものや、マウスピース矯正(大人用のインビザラインや子ども用のEFライン)も登場し、世界的にも乳歯から矯正ができるようになりました。
 虫歯の治療にも、金属以外のセラミックなど親和性の高い材料が誕生し、金属アレルギーの方にも対応できるようになっています。
 入れ歯の代わりになるインプラントは自分の歯と同等、もしくはそれ以上の力で噛むことが可能になっていますし、手術を避けたい方にはノンクラスプデンチャー(針金のない入れ歯)や薄い入れ歯もあるので、治療の幅が広がっています。
 この一連の流れをみていると、技術や素材はバリエーションに富み、患者さんの多様な悩みに対応できるようになったことが分かります。私も新しい技術にチャレンジしてきましたが、患者さんの笑顔を見ることができて本当に良かったと思います。これからもその姿勢を忘れずに、町の歯医者さんとしての役割を果たせるよう頑張っていきたいと思います。

 

 

クリックすると拡大します。

↓  ↓  ↓

 

咲楽10月号

投稿者: タナカ歯科

お口に関する症状・お悩みは、お気軽にお問い合わせください
患者様とのコミュニケーションを大切にし、お口だけでなく心や体の健康までトータルにサポートします
  • 052-704-3221 fixbtn01_sp.png
  • メールはこちらメールはこちら
  • PAGETOPPAGETOP